WOLF RPGエディター更新履歴

(2017/04/14)  Ver2.21 一部バグの先行修正を試みました。


【ゲーム部 仕様変更】

・【タイトルバー】描画ms(ミリ秒)とイベント処理時間msを小数点1桁まで表示するように修正。

・【マップ描画】描画ms(ミリ秒)とイベント処理時間msを小数点1桁まで表示するように修正。



【ゲーム部 バグ修正】

・【アイコン】\i[?]や\img[?]で表示するアイコンや画像が、タイルサイズやゲーム画面サイズ、
      フォントの「倍角」オンオフに応じて縦方向に伸縮することがあったバグの修正を試みました。


(2017/03/22)  Ver2.20 ゲーム画面サイズの追加や、画面サイズとチップサイズを個別に指定可能になりました。


【新機能】


・【ゲーム基本設定】新たな「ゲーム画面サイズ」が選択できるようになりました。
   320x240(倍)・640x480・800x600・848x480(16:9)・854x480(16:9)・960x720・960x540(16:9)・
   1024x768・1024x576(16:9)・1280x960・1280x720(16:9) から選択可能です。

・【ゲーム基本設定】「タイルサイズ」と「ゲーム画面サイズ」を個別に設定できるようになりました。
         タイルは「32x32」でゲーム画面サイズは「1280x720」といった設定も可能です。

・【ゲーム基本設定】「ゲーム内の2バイト文字の言語」に「1バイト文字のみ[英語など]」を追加。
          英語など、完全に1バイト文字だけで実行するゲームの場合はこれを選択してください。

・【ゲーム基本設定】「ゲーム内の2バイト文字の言語」内に「システム言語」の設定を追加。
          海外展開時など、タイトルバーやエラー文などを英語にしたい場合は「英語」にしてください。

・【システム変数】システム変数「Sys115:Game.exeバージョン(x100)」を追加。
         Game.exeのバージョン番号の100倍の値を返します。今回なら「220」です。
         → あまり使わないと思いますが、配布するコモンイベントを
           指定バージョン以降のみに対応させる場合などに使用できます。

・【システム変数】システム変数「Sys116:画面サイズX」「Sys117:画面サイズY」を追加。
         ゲームの画面サイズを返します。

・【システム変数】システム変数「Sys120:リセット履歴 0=ナシ/1=F12/2=コマンド」を追加。
       起動後に「F12リセット」あるいはコマンドで「タイトルに戻る」したのを検出することができます。

・【ゲーム画面】プレイヤーがゲームウィンドウ端をドラッグすることで、
         ウィンドウサイズの倍率を自由に変更できるようになりました。

・【サウンド】ツクールシリーズと同じく、音声ファイルの「LOOPLENGTH=〜〜」機能に対応。
       今後は音声ファイルの最後をカットしなくてもループが可能です。

・【ルビのサイズ】ルビ振りの特殊文字\r[〜,〜]に使われるルビの文字サイズを
         システム変数「Sys23:ルビのフォントサイズ」で設定できるよう修正

・【デバッグウィンドウ】F3キーを押すたびに、ゲーム途中でもデバッグウィンドウ表示の有無を
           切り替えられるよう修正。

・【デバッグウィンドウ】ボタンを押して「ログ保存」できるように修正。
            (F3キーによる出力ができなくなったため)

・【サウンド】「メモリから未使用音声を全解放」機能を追加。

・【エフェクト】 スクロール移動速度に、32倍速、64倍速を追加。



<エディタの新機能>

・【コモンウィンドウ・セルフ変数使用状況】 新たに「未使用分だけリセット」ボタンを実装

・【コモンイベント・破損対策】コモンイベントファイル(CommonEvent.dat)が破損していた場合、
               復旧可能な部分まで抽出して保存し直す
処理を追加。
 (例:コモン80以降が破損していた場合、コモン79までを抽出して保存し直します)

・【コモンウィンドウ・検索機能】 「コモンイベント名のみ」の検索オプションも付けました。


・【自動バックアップ】「DATファイル自動バックアップ機能」を追加。エディターオプションから設定可能です。
    エディタの毎起動時、Basicdata内のdatファイルだけをバックアップフォルダに1段階コピーします。
    データが壊れてエディタが起動しない場合や、致命的な間違いをおかした場合などに便利です。
    バックアップは最大で5バージョン前まで保存できます。

   例:「Data/Basicdata/AutoBackup3/」フォルダに3回前に起動したときのバックアップファイルが
     保存されています。「AutoBackup1」なら今回起動したときのバックアップです。

   また、「毎月1日と15日に定期保存」されるモードも選べます。
 
   例:2016年の12月6日に起動すると「Data/Basicdata/AutoBackup_2016_12_01/」という
     フォルダが作られ、DATファイルがバックアップされます。
     15日以降なら「Data/Basicdata/AutoBackup_2016_12_15/」になります。



<ゲームの動作バージョン別仕様>

 以下はゲーム基本設定の「動作バージョン調整」を「最新」か「Ver2.20以降」に設定した場合に反映されます。
 ※Ver2.10以下に設定すると従来通りになります。

・【文字表示】 フォントサイズより大きなアイコンを使い「\i[??]\ay[0]〜〜」と入力すると
       「〜〜」部分の文章のY座標が0になります。
   ※2.10以前では微妙にY座標0になりませんが、それに合わせて作っていた場合、最新版の導入によって
     文字の縦位置がズレると思います。その場合は「Ver2.10の挙動」に切り換えてみてください。

・【文字表示】Ver2.20の挙動から使用可能なフォントサイズの制限が最大400ピクセルまで拡張されます。
     ※「Ver2.10以前の挙動」にするとフォントサイズはこれまで通り100前後以下に制限されます。
      この制限は、古いWindowsで大きなサイズを表示しようとするとクラッシュすることがあったのを
      回避する目的で設定されていました。なお今でも500以上にしようとすると止まるようです。

・【音量】 DXライブラリ側で新たな音量設定が行われたため、BGM音量が
     音量値の減少に応じて、なんとなく数値通りに減っていく聞こえ方になります。
   ※「ゲーム基本設定」でGame.exe動作バージョン調整を「Ver2.10の挙動」以下にすると
     以前通りの音量で再生されますが、これまでの音量は最小値近くでもだいぶ大きく聞こえたりして
     おかしかった気がするのであまりおすすめしません。

・【動作指定】「主人公から離れる」「逆を向く」を行った場合、従来は4方向移動しかしなかったのを
       8方向に移動するよう修正
    ※「Ver2.10以前の挙動」に戻すと四方向移動のみになります
 


【ゲーム部 仕様変更】

・【暗号化】 Ver2.00、Ver2.10時点の暗号化データも読み込めるように修正。

・【ゲームデータ】暗号化方式が変更されました。Ver2.10以前で暗号化した.wolfファイルは
         Ver2.20以降のGame.exeではプレイできなくなります。

・【多重起動】別のゲーム名なら複数の「Game.exe」を同時起動できるよう修正。
       (従来は別ゲームでもGame.exeを2つ以上立ち上げることができませんでした)

・【ジョイパッド】POVキー(アナログスティックと十字キーがある場合の十字キー)を
         方向キーとして認識する
ように修正。
         XBOXコントローラの後ろトリガー部分を認識するよう修正

・【システム】Alt+Enterの全画面化が使えなくなりました。
      代わりに、F11キーに全画面化を割り当てました
      (F11は非テストプレイ時のみ有効、テストプレイ時ではShift+F11で全画面化切り換えができます)

・【システム変数】Sys84:画面解像度、は320x240、640x480、800x600以外の画面サイズなら
           −1を返すよう修正。

・【サウンド】ライブラリの更新により、高い数値の「周波数」に設定して再生してた音が
       元よりさらに高く聞こえる場合があります。これは周波数の上限値が増えたためです。
  → たとえば、周波数200超に設定した音が、以前より高く聞こえる可能性がございます。
    その場合は「200」に設定すると従来通りに聞こえると思います。必要に応じて調整してください。

・【画面】フルスクリーンにしたとき、16:9のモニターでもゲーム画面解像度が4:3ならなるべく
     端を黒帯にして4:3で表示されるようになります。ライブラリ側の更新による機能です。

・【アイコン】使用可能なアイコン番号を1000〜9999にも拡大。
       (3桁の場合のファイル名はicon001〜999.pngのままです)

・【リセット】テストプレイ時のみ、F12リセット時に文字色やアイコンの変更・追加分を反映するよう修正

・【特殊文字】 \mx \my \ax \ay の限界値が±1000から±5000まで拡張されました。

・【乱数】 「Sys110:現在の乱数のシード」に0を代入すると、以後ずっと乱数が機能しなくなるので
      シード値が0になった場合は自動で新たなシードを再生成するよう修正

・【エラー】 緑帯エラーが出た場合、「Game_ErrorLog.txt」ファイルにエラー文を出力する機能を追加

・【画像】F12リセット、あるいは「タイトルに戻る」したとき、ピクチャやキャラクター画像が
     メモリから解放されるように修正。ダウンロードした画像などにおいて、
     「同じファイル名だが中身が変わった画像」を再読込できない問題があったため。

・【特殊文字】\-[?]の数値がマイナス10くらいになると数値が反転してしまっていたので、
       ±100の値まで反映されるよう修正。

・【システム文字列】システム文字列1〜3で取得できるキー名について、
  キーコード139「;」151「,」246「:」の3つの名前を全角から半角に修正。

・【画面】 Game.exe起動時、マウスカーソルのある場所のディスプレイを自動判別して
     そのディスプレイにゲーム画面を表示するよう修正。ディスプレイ2つまでの環境に対応。
     (ディスプレイが3つ以上の場合はGame.iniにディスプレイ番号として
      「Display_Number=3」などと指定することで指定可能です)

・【ピクチャ】総スプライト数が約32000を超えると正常に描画されなくなるため、
      ピクチャ表示時にその量をオーバーした際に警告を表示し、新たに描画しないよう修正。

・【サウンド】 BGSでMIDIファイルが再生されそうになった場合にエラーを出すよう修正。
       MIDIファイルを再生しようとした場合、不具合に繋がる可能性がありました。

・【文字列操作】 Basicdataと付くフォルダ内に.datファイルや.projectファイルを出力しようとした場合、
        エラーになるよう修正(データベースファイルなどが上書きされてしまう可能性があるため)。

・【セーブ】Save以外のセーブ先のフォルダを文字列で指定したとき、フォルダを自動生成するように修正。

・【文字列操作】 <をファイル↓に出力>コマンドでテキストファイルを出力する際、
         フォルダを自動生成する機能を追加

・【エフェクト】フラッシュの色指定が変だったバグを修正
       元々数値が最大100までしか有効になっておらず、100超の値だと
       オーバーフローして色指定がおかしくなるようでした。
       数値に対する効果はそのままですが、100超に設定してあった場合の挙動が
       変化している可能性があります。

・【画面拡大縮小】ウィンドウサイズを拡大縮小したときにグラフィックスドライバの問題で
      画面更新が停止する場合があるらしいため、画面サイズ変更時はタイトルバーに15秒間
     「画面が停止した場合は、『F4:元サイズ』か『F11:全画面化』を押してプレイを続けてください」
     という警告文を表示するよう修正。

・【ダウンロード】ダウンロード時、「一時ファイル『〜_TMP』ファイルが作成できなかった」
        というエラーが出ないように修正。
      → もし書き込めない_TMPファイルが作られていた場合は、_TMP1や_TMP2などを作ります。



【ゲーム分 バグ修正】


・【画面】フルスクリーンとウィンドウモードをゲーム中に切り換えると画面更新頻度が
     最大45FPSほどに下がってしまうバグ修正。

・【描画】Windowsの拡張スクリーン使用時、画面が表示されなくなる場合がある不具合が減少。
     (DXライブラリ側の更新によるもの)

・【マップ描画】800x600(40pxタイル)環境下で▲チップの表示優先順位が想定外に前後してしまうバグを修正。

・【フルスクリーン化】ゲーム中にフルスクリーンにすると以降のトランジションが機能しなくなるバグ修正。

・【フレームスキップ】Config.exeで「処理の重さ」を「高」以外にしたり、プレイ中にF5で変更しても、
           終了したりロードしたりすると「高」に戻ってしまうバグを修正。

・【遠景】文字列で「SysS30:遠景の画像ファイル名」に「BG1.jpg(改行)0(改行)0(改行)3」などと入れてセーブし、
     ロードするとエラーが出る可能性があった不具合を修正。

・【フォグ】放置し続けているとフォグの座標がオーバーフローして
      表示が変になる可能性があったバグを修正(たぶん)。

・【ゲーム基本設定】「ゲーム内の2バイト文字の言語」まわりの挙動を修正しました。
          日本語以外でのGame.exeでの安定性が少しだけ向上していると思います。

・【音量】再生中に「Sys95:再生中BGM音量」を変更すると音量が変更されるが、
     その後に「Sys100:BGM音量補正」を変更するとSys95の音量値でなく
     「再生開始時」の音量をベースに補正がかかった音量になってしまうバグを修正。

・【文字描画】大きなフォントを多数表示させるとエラーになる可能性があったバグを修正。

・【影画像】「〜$.png」の非分割キャラ画像に6x4分割の影画像を使い、
      途中でキャラ画像の方を「$」と「$なし」同士で切り換えたに「24分割された影画像」が
      そのまま表示される現象があったため、起きにくくなるよう修正。

・【イベント描画】タイルセットで下半分が半透明になるよう設定したタイル上にキャラがいる場合、
        そのキャラにはエフェクトの点滅が適用されなくなるバグを修正。

・【イベント画像】ループ設定したマップに大型のグラフィックを設定したイベントを設置したとき、
        主人公の場所によって表示されない状況が減るよう修正。

・【イベント画像】キャラクターの移動速度を最低値にしたイベントに、〜T.png及び〜TX.pngの画像を
         マップイベントとして使用すると移動時に一瞬カクつくバグを修正。

・【システム変数】「Sys17〜19:選択肢SE番号〜」に「-1」が設定されている場合、
         そのSEが再生されようとすると全SEが止まってしまう(SEの「停止」と同じになる)バグを修正。

・【フォント】画面サイズが320x240以外(640x480、800x600)の時に
      「ゲームの基本設定」→フォントのアンチエイリアスを「無し&倍角」にして
      \i[]か\img[]を使うと、呼び出されたアイコンが縦に伸びるバグを修正

・【変数操作】「整数をコモンセルフの文字列域に代入しようとしました」 のエラー時に
       エラー行が表示されなかったのを修正

・【変数操作+】下のレイヤーに通行不可のマップチップを、
      上のレイヤーに1/4ずつ通行可能にさせたマップチップを置いて
      変数操作+の「位置X・Yの通行可能(タイル)」を「精密座標」で得ようとした場合、
      正しいタイル通行可能状態が得られなかったバグを修正。

・【変数操作+】歩行グラフィックファイル名の末尾にT.pngなどがつく素材を使用した際、
        変数操作+でキャラクターの「アニメパターン」番号を正確に取得できなかった現象を修正。

・【文字列操作】 並列イベント内で、変数呼び出し値9100009などを使用し、
        存在しないイベントIDの画像名を間接読み込みしようとすると強制終了するエラーを修正

・【文字列操作】<の指定文字以降を切り出し>がダメ文字が入っている文字列に対して
        正しく動作しないバグを修正。
     例:「あい[ゾル]うえお」と入れた文字列から「]」以降を切り出すと「ル]うえお」が出ていました
        期待通りなら「うえお」のみ。

・【文字列操作】テストプレイ中、文字列のキーボード入力中にF11でデータの再読み込みを行った後に
  再びキーボード入力させるとイベントがフリーズするバグを修正

・【DB操作】 ゲーム中のCSV出力で、出力データ数の指定が機能していなかったバグを修正

・【DB操作】 CSVファイルの読み込み時、1項目のデータ量が10KB以上になると
    バッファオーバーランでクラッシュが発生する可能性があったバグを修正

・【DB操作】コモンイベント内にタイプ番号マイナスを指定したコマンド(DB[-99:0:0] = 0など)があると
     起動時にクラッシュする場合があるバグへの対処を試みました

・【DB操作】特殊文字をCSVから読み込んだときにフリーズする問題が起きにくくなるよう修正

・【DB操作】 データ番号を変数で指定して「全項目初期化」を実行した際、
       変数の値がマイナスだとそのままゲームが強制終了するバグを修正。

・【セーブロード】文章の表示中にロードすると、ロード後にもその文章が表示されてしまうバグを修正

・【セーブロード】選択肢が表示された状態でロードすると、ロード後も選択肢が残ったままになるバグを修正

・【セーブロード】 セーブファイルが30MBを超えるとセーブできなくなることがあるバグを修正

・【セーブロード】特殊な条件下でロード時に「サウンドデータが読み込めませんでした」と
      表示されることがあるバグを修正。

・【セーブロード】別ゲームのセーブデータを読み込んだときにクラッシュする確率を減少。

・【ピクチャ】基準位置を「中心」にして画像を「表示」してセーブし、一旦ロードした後に
      「移動」させると移動前の画像サイズが0として扱われていたバグを修正(移動時などにズレる)。

・【ピクチャ】特殊文字などが含まれたファイル名を読み込むとフリーズする不具合が起きにくくなるよう修正。

・【ピクチャ】ディレイを設定した「表示」待ちのピクチャがある状態でセーブすると
       ロード時に緑帯エラーが出るバグを修正。

・【ピクチャ】「自由変形」をつかってピクチャを1フレーム以上かけて「新規表示」すると
       -10000度分回転しながらの表示になってしまうバグを修正。

・【ピクチャ】10000枚以上のピクチャを一気に表示しようとした場合にエラーを表示するよう修正。
      (あまりにたくさんのピクチャを表示しようとするとフリーズするため)

・【ピクチャ】角度の「同値」のチェックを入れて呼び出したファイル読込ピクチャを
      「エフェクト」の座標シフトで動かすと、「変数操作+」の「マウスカーソルと重なってる」の
      判定座標が元の位置のまま動かないバグを修正。

・【サウンド】Sys95:再生中BGM音量(Sys96:再生中BGS音量)を毎フレーム操作してると
      BGM/BGSの再生をストップさせてもBGM/BGSが止まらないバグを修正。

・【サウンド】「ファイル名指定」で読み込みした場合の音声ファイル内に書かれた
       ループ設定(LOOPSTART)が効かなくなっていたバグを修正。

・【サウンド】BGS再生前に「Sys101:BGS音量補正[%]」を0にするとごく小さい音で再生されてしまうバグを修正

・【キー入力】キーボードの全キー読み込みで244(^)、245(@)、246(:)番のキーなどが
       受け付けられなかったのを修正

・【動作指定】「動作指定」で「主人公・仲間」の「セルフ変数」を読み込もうとした場合はエラーを出すよう修正。
        (主人公や仲間はセルフ変数を持たないため、指定しても動作しない)

・【動作指定】マップを移動した先で「動作指定」で「このイベント」を指定すると、
       処理中の移動前イベントと同じ番号のイベントが存在しなかった場合、
       エラーもなくクラッシュするバグを修正。

・【パーティ画像】「仲間と主人公の動きのシンクロ開始」をして50歩あるいは100歩移動した後に
     「シンクロ解除」をすると、プレイヤーがどんな移動をしても
     「仲間全員を主人公の位置にワープ」をするまで
     仲間が今向いている方向にまっすぐ歩き続けていってしまうバグを修正。

・【イベントの挿入】 マップイベントのページ0(現在のページ)を指定して「イベントの挿入」を
  呼び出そうとした際、そのマップイベントの全てのページの条件が満たされていない場合に
  クラッシュしてしまうバグを修正

・【イベントの挿入】ゲーム中にコモンイベントの名前を修正した場合、ゲームをロードしても、
        「名前呼び出し」によるコモンイベント呼び出し先がロード前のままから変わらないバグを修正。
    (テストプレイでプレイしている場合のみ。それ以外の場合は速度確保のため読み込みし直しはしません)



【Editor.exe仕様変更】


・【エディタ起動】同じEditor.exeを多重起動しようとすると警告が出るように修正。
         多重起動させること自体は可能です。

・【エディタ全般】一部のテキスト入力欄でCtrl+Aによって選択中のテキストを
         全選択できる
ように修正

・【エディタ全般】 読み込みが高速化されるよう描画処理周りを修正。
         ちらつきが少し増えたかもしれませんが、マップイベントやコモンイベントのコマンド一覧、
         データベース、各種変数リスト、画像やファイルを開く際のフォルダ切換時などにおける
         表示速度が上がりました。

・【ファイル選択ウィンドウ】大量のファイルが入っているフォルダの読込を高速化。

・【コモンイベントウィンドウ】「入力内容の設定」で文字制限が入力ボックスの幅までだったのを撤廃。
                 あふれてもスクロールするように。

・【グラフィック選択ウィンドウ】グラフィック選択ウィンドウの幅を少し増やしました。

・【グラフィック選択ウィンドウ】グラフィック選択ウィンドウの初期フォルダ読み込み挙動が
                統一されてなかったのを修正。

・【データベースウィンドウ】 Ctrl+Rで一つ前に選択していた「タイプ」「データ」に戻れるよう修正

・【コモンウィンドウ・検索機能】 コモンイベントの検索機能が高速化し、検索語の長さ制限がなくなりました。

・【コモンウィンドウ】コモンイベントのイベント切り換えショートカットを「Ctrl+Alt+↑・↓」から
        「Ctrl+Shift+↑・↓」に変更(画面回転のショートカットに使われているケースがあったため)。

・【マップ選択】マップを削除した後、編集中のマップが表示されなくなるよう修正。
        ファイルを消しても編集中のマップがそのまま表示され続けてしまい、
        そこで「保存」ボタンを押すとマップファイルがまた生成されてしまうため。

・【マップ作成】マップ新規作成時のサイズは、タイルサイズと画面サイズによって
        初期値が変わるよう修正。また、マップサイズの最小値を8x6に変更。
   例:タイルサイズ16で画面サイズ800x600なら基本マップサイズが50x38になります。

・【ゲーム基本設定】「Game.exe動作バージョン調整」に「現Ver2.20時点の挙動のみで動作」と
          「旧Ver2.10時点の挙動で動作」の選択肢を追加。

・【データベース設定】データベースの「タイプの設定」を改良。番号が離れた変数・文字列ボタンも
         押せるようにし、まとめて項目のタイプを設定できるように変更。
      (例えば項目40番まで入れている状態で99番の「変数」を押すと、
       41〜99まで全部「変数」が入力されるようになります)

・【変数操作+】「移動中?[YES=1、NO=0]」に「主人公は1フレーム以上止まらない限り1」の文を追記
        この変数読み込みは、主人公のみ、明確に止まらないと0にならないようにしています。
       (具体的には、「イベント接触」直後に判定すると主人公は移動中(1)扱いになります)

・【DB操作】「数値または代入先」処理の「=」や「+=」の一覧表示の行数を1行増加。
      (1行だけスクロール外に行ってしまっていたため)

・【DB操作】下部の文字列入力欄に縦スクロールバーを追加

・【文字列分岐】 文字列欄に改行付きのテキストが入れられるように修正。
         改行1個だけをチェックする処理でいったん文字列変数に入れて比較する必要がなくなります。

・【ピクチャ】自由変形の座標の上下ボタンでマイナスの値を指定できるように修正。

・【サウンド】 「メモリから手動解放(SEのみ)」機能を削除。
      ファイル名直接指定に対応していないのと、そもそも正常に動作していないため。
      これまでにこのコマンドが指定されている分は動作するかもしれませんが、サポートはいたしません。

・【サウンド】 効果音の途中再生がそもそも反映できなかったので、
        SE選択時はエディタ欄から「途中再生」を入力できないよう修正

・【イベント制御】 ウェイト値を上下ボタンを押して0まで下げられるように修正。

・【動作指定】動作指定の左欄をもっと大きく修正。
       (引数が2つ入るときにセルフ変数を2つ指定すると見えないため)

・【コモンイベント】「入力内容の設定」をしたとき、「結果を返す」に指定したコモンセルフ変数にも
           自動で名前を付けるよう修正。

・【コモンイベント】 「コモンEv名で呼出」の欄に文字数制限がかかっていたので解除。
      (コモンイベント名を直打ちしようとすると引っかかっていました、リスト選択なら問題なかったようです)



【Editor.exeバグ修正】


・【各種ウィンドウ】マップイベントウィンドウ、コモンイベントウィンドウ、データベースウィンドウの
       最小化ボタンを使用できないように修正(環境によっては押すと行方不明になる場合があるため)。

・【言語】Windows側のシステムロケールが日本語以外の場合、起動時に
     「システムロケールを日本語にしてください」と警告表示する機能を追加。
     (そうでないとエディタが文字化けするため)

・【マップ処理】「この位置をDBに保存」時、記録先を切り換えたときのマップ名がおかしいバグを修正

・【マップ作成】マップを新規作成すると区切り文字が「\」になってしまうのを「/」に修正

・【マップ作成】新規マップを作成する時に存在しないフォルダ名を指定すると、
        フォルダが作られずマップデータを作成できないバグを修正

・【マップファイル】マップファイルが一定以上のサイズになるとファイルが破損する可能性があったバグを修正。

・【マップ描画】タイルセット番号がオーバーしているマップに切り換えたときの描画バグを修正。

・【データベース】 データベースのデータ名呼び出しが無限に循環してクラッシュするケースがあったバグを修正。
        循環が50回以上になった場合はデータ名に「× LoopError」と表示されるように。

・【ゲーム基本設定】「ゲームの基本設定」画面で「キャンセル」すると、次に他のウィンドウで「保存」しようとしたり
          タイルセット画面を開いたりするとおかしな挙動になるバグを修正

・【テストプレイ】テストプレイ実行を行ったとき、関係ないゲームが起動することがあったバグを修正。

・【ゲームデータの作成】出力先のファイルが使用中(ゲーム動作中)のときにゲームデータを
           作成しようとするとエディタが強制終了するバグを修正。

・【ゲームデータの作成】ゲームデータを作成する際、ゲームフォルダ名を空欄にしたまま作成できないよう修正。
         (空欄のままにすると本体のDataフォルダがそのまま暗号化されてしまうバグがあったため)

・【ゲームデータの作成】「作成するゲームフォルダ名」の先頭か末尾に半角スペースがあると
           正常にゲームデータが作成されないバグを修正。
         → 自動的に先頭と最後尾のスペースをカットするようにしました。

・【マップ作成】Shiftキーを押しながらマップを描いたとき、最初の1マス目だけオートタイル機能が
        オフにならないことがあったバグを修正。

・【マップ選択】マップファイルごと削除しようとしたとき、ファイルが削除できないことが多かったので
     削除に失敗した場合は手動削除をうながし、マップファイルが存在するフォルダを自動で開くよう修正。

・【マップ選択】マップ選択ウィンドウで「データ更新」した際、マップ数が変わっても
        「ツリー構造セーブ」が押せるようにならないバグを修正。

・【イベントウィンドウ】「"」の文字が含まれるコマンドを「コマンド文→クリップボードへコピー」し、
         「クリップボード→コード貼り付け」にすると「"」が「<dqrt>」という文字列になってしまうバグ修正。

・【イベントウィンドウ】マップイベントエディタ、コモンイベントエディタのコマンドリスト中に
           コマンドが1個しかない場合、「全て選択」でコマンドを選択できなくなるバグを修正。

・【イベントウィンドウ】 イベントコマンド欄で「全て選択」をした後、右クリックでメニューを開くと
            選択範囲が最後に左クリックした行までで終わってしまうバグ修正。

・【イベントウィンドウ】Windows10などではイベントコマンド欄に全角スペースが
            □□□のように表示されてしまう現象を修正。

・【マップイベントウィンドウ】マップイベントエディタ上からイベントを選択したとき、
              状況によってはイベントが切り替わらないことがあるバグを修正

・【マップイベントウィンドウ】ゲーム基本設定で歩行キャラチップ画像を「4方向対応」などに設定していても、
              編集中のマップ上で表示されるイベント画像に反映されてなかったのを修正。
 
・【マップイベントウィンドウ】 不要な再描画を減少させました。

・【マップイベントウィンドウ】320x240以外のゲーム画面サイズの場合、イベント編集で
         ある程度大きな歩行チップが正常に描画されなくなるバグを修正

・【マップイベントウィンドウ】キャラチップの方向指定をする四角の枠の位置が、
               修正時に開いた直後のみおかしな場所になることがあったバグを修正。

・【コモンイベントファイル】CommonEvent.datが50MB以上のサイズになると
               ファイルが破損する可能性があったバグを修正。

・【コモンイベントウィンドウ】総コモンイベント数より多いコモンが入ったcommonファイルを
        コモンイベントエディタ上にドロップして、読み込みの際に出てくる確認画面で
        キャンセルを押したあとにCtrl+Shift+F6でコモンの数を増やすと
        コモンの数が通常より多く増えてしまうバグを修正。

・【コモンイベントウィンドウ・検索】何を検索しても特定の動作指定コマンドにヒットするようになってしまったり、
                 動作指定内容によってはエラー落ちすることがあるバグを修正。

・【コモンイベントウィンドウ】「セルフ変数使用状況」を変更しても「更新」ボタンが押せる状態に
                ならなかったバグを修正

・【コモンイベントウィンドウ】「入力内容の設定」をしたとき、「入力する値の意味」にチェックが付いていなくても
               文字列が入っているとコモンセルフ名にセットされてしまうバグを修正。

・【コモンイベントウィンドウ】コモンイベントの「読込」を使った場合、「入力内容の設定」内容が
          元あったコモンイベントの内容に追記されてしまうことがあるバグを修正。

・【コモンイベントウィンドウ】「入力内容の設定」の「全コピー」が全てのページの選択肢を
              保存してしまっていたバグを修正。

・【データベース】 タイプの複数コピー時、表示されるタイプ名が正常でなかったバグを修正。

・【データベース】UDB・CDB・SDBで『タイプ』を削除しても、「データIDの設定方法」の設定だけ
           リセットされないバグ修正。

・【データベース タイプ設定】項目名の名前に入る文字数が奇数番と偶数番で違っていたのを修正。

・【データベース タイプ設定】 2ページ目以降の項目に「データ内容の特殊設定」で
          「ファイル読み込み(文字列)」を設定すると、データ形式が数値と文字列の間の
          あいまいな状態になることがあったバグを修正。

・【ゲーム基本設定】「キャラクターの移動速度設定」でイベントの速度を「カスタム」にして
          入力したとき、再び開いたときに全て速度が0になるバグを修正

・【INIファイル】特定の方法でEditor.exeを起動させると、Editor.iniがEXEのある場所と違うフォルダに
        作成されるバグへの修正を試みました

・【マップ選択】起動時にマップが何も読み込まれていない場合、何も選択せずにマップ選択ウィンドウから
        右クリックしてマップを作成するとフリーズする不具合を修正。

・【変数操作】下部の2項目のうち左の欄だけ、変数が選択されている状態を「修正」して
       「変数」から「数値」に切り換えても元の変数値に該当する値が入っていないバグ修正。

・【文字列分岐】 イベントコマンド一覧側の表示において、コモンセルフ変数の名前が表示されていなかったのを修正。

・【DB操作】「全項目初期化」「データ数取得」「データ名取得」を使用したとき、
      特定条件下においておかしな入力値になるバグを修正。
      もし挙動が怪しい箇所があれば、コマンドを修正して保存しなおしてくだされば解消されます。

・【DB操作】「タイプ名取得[文字]」を選択した後、イベントコマンドの修正すると
      データ番号や項目番号に−3が入ってしまったり複数にチェックが入ってしまうバグを修正。
     「データ数取得[数値]」や「データ名取得[文字]」に切り換えると0以上になるように。

・【DB操作】CSVの入出力を選択した際、タイプ番号の下に「タイプ名取得」の
       チェックボックスが現れてしまうバグを修正

・【キー入力】 キーボード入力のキーコード183が<ERROR STRING>になっていたバグを修正。
        実際は「テンキーの. 」。

・【ピクチャ】 表示タイプを[1],[2]のどちらかに設定してから、座標の自由変形にチェックを入れ、
       そのまま表示タイプを[4]または[5]のお手軽ウィンドウに設定すると表示がおかしくなるバグを修正

・【場所移動】 「移動先を見ながら指定」画面で、存在しないマップファイルが設定されたマップが
        初期選択されているとフリーズするバグを修正。

・【場所移動】「登録位置」を「変数」で指定して入力した場合、そのイベントコマンドの修正をすると
       位置設定リストの0番が指定されてしまうバグを修正。

・【キャラ動作指定】指定してあるイベントが存在しないマップを開いている状態で修正を行うと
          極端なキャラ番号になったりゲームが強制終了するバグ修正。
        存在しないマップイベントが設定されてるときは、キャラ指定コンボボックスに
        「Ev19:存在せず」といった選択肢が追加されます。

・【キャラ動作指定】動作指定ウィンドウの右枠のグラフィックや効果音名の情報が
      表示されている枠がコモンイベントでは機能しなかったバグを修正。

・【コモンイベント】「イベントの挿入」コマンドを「クリップボード→コード貼り付け」した後に修正すると、
         各「入力文字列」の改行が消えて見える現象を修正

・【コモンイベント】「名前呼び出し」でコモンイベントを呼び出そうとしたとき、「入力」の文字列を
          直接入力していても内部的に数値が指定されたことになっているバグを修正。
        (たとえば文字列の数値側にコモンセルフ5が選ばれた状態で直接入力チェックを付けて
         文字列を指定すると、コモンセルフ変数5が使用されている扱いになってしまう)

・【コモンイベント】「結果」部分でコモンセルフ変数文字列だけ名前が表示されていなかったのを修正

・【コモンイベント】コマンド「コモンイベント」を番号呼び出しで入力した後で、
         イベントコマンド修正で名前呼び出しに変更して同一のコモンイベントを呼び出し
        「入力」すると、コモンEv入力のうちプルダウンリストになっているものの
        値が初期化されていないバグを修正

・【コモンイベント】 起動直後に「イベントの挿入」しようとしたとき、
        引数の入力可能状態が正常に読み込まれていないバグを修正

・【ダウンロード】ダウンロード機能のURLに長いURLを貼り付けると
         エディタごとクラッシュする可能性があったバグを修正。


_

トップに戻る