イベントコマンド 【文字列操作】

 文字列変数を操作したり、キーボードからの文字入力を受け付けるコマンドです。




【各部の説明】


1.代入先の指定
 代入先の文字列変数を選択します。
 「代入先を変数で指定」する際は、通常/予備変数に3000000(文字列変数)以上の値を入れて使用してください。



2.代入方法
 代入先への代入方法です、次の4種類があります。ここでは、代入先を「左辺」、代入する文字列を「右辺」と呼ぶことにします。

 「」 … 左辺に右辺をそのまま代入します。
 「+=」 … 左辺の文字列変数に右辺を追加します。
 「上1行コピー」 … 右辺の上1行だけ左辺に代入します。
 「上1行切り取り」 … 右辺の上1行を切り取り、左辺に代入します。つまり、この処理を行うと右辺の上1行が消去されます。
 「に↓から1文字切り出し」 … 右辺の先頭1文字を切り取り、左辺に代入します。この処理を行うと右辺の先頭1文字が消去されます。全角、半角共に対応しています。
 特殊文字の場合は特殊で、1回の処理で\A+なら「\A+」、\c[1]なら「\c[1]」分だけ抜き取ることができ、\r[X,A]など文字列が入る特殊文字の場合は「\r[」だけを抜き取ります。
 「に↓のファイル内容読込」 … 右辺のファイル名のデータを読み込み、左辺の文字列変数に格納します。右辺には、「Data\\test.txt」(\は2つ並べた方が安全)という具合に代入してください。
 「をファイル↓に出力」 … 左辺の文字列変数の中身を、右辺のファイル名のデータに保存します。
 「に↓フォルダのファイルリスト取得」 … 右辺に指定されたフォルダ内のファイル一覧を取得し、左辺に代入します。格納されるのは1ファイルにつき1行なので、各々のファイル名は「上1行切り出し」などを使用して取得してください。なお、暗号化フォルダに対しては機能しません(<<ERROR>>が返されます)。
 「から↓の文字列を全消去」 … 左辺の文字列内から、右辺の文字列だけを全て消去します。(例:左辺が「あいうえお」のとき、「い」を全消去すると、左辺が「あうえお」となります)
 「から以下の文字列を置換」 … 左辺の文字列内から、左側の入力欄に入れられた文字列を右側の入力欄に入れられた文字列で置換します。(例:左辺が「あいうえお」の時、「え」を「お」で置換すると、左辺が「あいうおお」になります。コンマ区切り(CSV)のデータを読み込んだ際に、「,」を改行で置換して、1行切り出しで読み込みなどの用途に使えるかと思われます。)
 

 「<から指定文字まで切り出し>」 … 左辺の文字列内から、入力欄に入れられた文字列までだけ切り出します(例:左辺が「あいうえお」のとき、「う」まで切り出すと左辺が「あい」になります)。指定した文字列が見つからない場合、「<<NotFound>>」を返します。
 「<から指定文字以降を切り出し>」 … 左辺の文字列内から、入力欄に入れられた文字列以降だけ切り出します(例:左辺が「あいうえお」のとき、「う」以降を切り出すと左辺が「えお」になります)。指定した文字列が見つからない場合、「<<NotFound>>」を返します。

※ファイル入出力や1行、1文字切り出し機能を駆使すれば、キャラデータを他の人と交換したりすることが可能になります!



3.代入する文字列
 代入する文字列は、次の4種類の方法で指定できます。

手動入力 … 手動で文字を入力します。この入力には\v[?]や\s[?]といった特殊文字も使用可能です。

文字列変数 … 他の文字列変数を読み込みます。

ロード位置を変数で指定 … 「変数の値」の文字列変数を読みに行きます。たとえば読み込んだ変数値の値が3000002(文字列変数2番のコード)という風に格納されていれば、文字列変数2番を読みに行きます。

キーボード入力 … プレイヤーにキーボードからの文字入力をうながします。キャンセル有りにするとEscキーで入力をキャンセルすることができます。なお、この文字入力には日本語も使用可能です。左辺を置換にチェックをすると、左辺に元から入っていた文字列が入力された状態で文字入力をさせることができます。
 ※テストプレイ時に限り、『キーボード入力』中に「F7〜F9キーなどのデバッグメニューを表示する」あるいは「F11キーで再読み込みする」と「 キーボード入力中の文字のサイズが変わってしまいます 」が、文字サイズを設定するタイミングは「キーボード入力の開始時」のみなので、この動作自体は仕様です。 2017/3/7追加



4.変数名の設定
 この欄で文字列変数に名前を付けたり、最大数を増やしたりすることができます。設定したい変数をプルダウンリストから選び、設定したい名前を入力したら「設定」ボタンを押してください。
 「↓コピー」ボタンは、プルダウンリストで選択中の文字列変数の名前を下にコピーします。
 「サイズ+1」ボタンは、文字列変数の最大数を一つ増やします。