【データベース】


(サンプルゲーム・可変データベース)


・データベース(DB)とは?
 DBは、タイプ内容として「変数」か「文字列」のどちらかを入力できるボックスを最大100個並べて構成することが可能な「データの入れ物」です。各々の項目には名前を付けることができます。


・各部の説明

 - 「タイプ数の設定」ボタン
  データベースの最大タイプ数を変更します。

 - タイプの内容設定」ボタン
  データベースのタイプの項目を設定します。

 - 「データ数の設定」ボタン
  現在選択されているタイプのデータ数を変更します。

 - 「ページ1〜5」ボタン
  項目のページ数を変更します、1ページあたり同時に20項目確認できます。

 - 下部の 「ファイルの出力」「ファイル読込」 欄
  タイプ設定やデータをファイルに保存したり、保存したそれらのファイルを読み込む機能です。


・ドラッグ&ドロップ
 ファイルの出力で出力したデータベース用のタイプ・データファイルをウィンドウにドラッグ&ドロップすると、
 そのファイルを読み込むことができます。
 (読み込む内容は出力されたファイルの種類によります)



・ショートカットキー
  ↑↓:DBの項目を移動
  Ctrl+↑↓:DBのデータ位置を上下移動
  Ctrl+Alt+↑↓:DBのタイプ位置を上下移動
  Tab:下部テキスト編集ウィンドウへジャンプ/直前に選択していた項目の位置へジャンプ
  Ctrl+S:DBを保存
  Xキー:切り取り
  Cキー:コピー
  Mキー:複数コピー
  Vキー:貼り付け
  Delキー:削除


・右クリックメニュー





それぞれショートカットキー・「ファイルの出力」部の各ボタンと対応してます。


・データベースには以下の三種類があります。
 
- システムDB … ツール開発者(SmokingWOLF)側で設定したDBです。 マップやBGM設定など、ゲームで使われる主情報を登録するために使います。「タイプ内容」の変更は推奨いたしません、ゲームが動作しないことがあります。
 
- ユーザーDB … 基本的にゲーム中に変化しない情報(装備の攻撃・防御力など)をツール利用者が保存するためのDBです。当然ながら、ツール利用者が全て「タイプ内容」を設定する必要があります。
 
- 可変DB … HPやMPなどといった、ゲーム中に変化する情報を整理するためのDBです。 ユーザーDBとの違いは、DBの各値をゲーム中に変更できるという点で、 キャラクターのステータスなどを保存するのに非常に便利です。 Cプログラムが分かる人には、構造体と同じといえば分かると思います。
 
 




【隠しコマンド】
 タイプまたはデータの一覧を選択中、以下の入力で新規タイプ、またはデータの挿入・抜き出しが可能です。
  ・CTRL+Shift+F6 : 新規のタイプまたはデータを挿入する。
  ・CTRL+Shift+F7 : 選択中のタイプまたはデータを抜き取る。
 ただし、この機能を使うと、以降のタイプ・データ番号が全てずれてしまいます。
 使用することで、ゲーム全体の整合が取れなくなる可能性が極めて高い機能なので、使用にはくれぐれも注意して下さい。

 もう一点、熟練者向けの隠しショートカットがあります。
 ・CTRL+R : 1つ前に選択していたタイプ・データ番号へ戻る。連続で押すと行ったり来たりする。
          → 他の部分からコピーしてくる場合などに、このショートカットが便利です。